コミュニケーションのための芸能入門

伊六万歳

国重要無形民俗文化財

伊六万歳の歴史

明治に入って万歳の芸能化が進み、祝福性よりもエンタテイメント性が強まってきました。そして、万歳の芝居をやるような劇団ができてきます。
その中の一つに、嵐伊六さんという人が主催した万歳の一座があり、これが伊六万歳と呼ばれました。祭や小さな寄席に頻繁に出演し、万歳を中心に様々な演芸を行ったそうです。

伊六万歳の特徴

準備中

伊六万歳の今

愛知県の津島市に残っておりました。故小沢昭一の「小沢昭一が招いた日本の放浪芸大会」では、五代目嵐伊六を継いだ加藤竹三郎さんが伊六万歳を披露しています。