コミュニケーションのための芸能入門

越前万歳(野大坪万歳)

国重要無形民俗文化財

越前万歳の特徴

福井県武生市野大坪から起こったので、野大坪万歳とも言います。
服装は、太夫は侍烏帽子をかぶり、紋付の上に麻の直垂を着て、その直垂は黒染めの子持ち縞か、舞鶴のも紋を染め抜いたのが特色です。 袴をはき、刀を差し扇子を持ちます。
才蔵は真っ赤な大黒頭巾をかぶり、紋付に袴、小太鼓を持ちます。古く徳川時代には、太夫の舞鶴の紋はなく、才蔵は袴ではなくタッツケをはいたそうです。 服装の点でも三河万歳とは一見して違います。

越前万歳の今

越前万歳保存会によって保存・継承されている。
故小沢昭一の「日本の放浪芸」
に収録されている。